ついた日の夜。ここにまた帰ってきたんだという感激で胸が熱くなりました。