アニメ・コミック

昔のマンガ

小学生から高校生のころまで、

小説やマンガ、映画や舞台にはまっていました。

小説や映画なんかは今でも好きですが、

さすがにマンガ本は読まなくなりました。

で、最近昔の私の荷物を整理していたら、

子供のころ(若いころ)大切にしていたマンガ本が出てきました。

「キャンディ・キャンディ」「ベルサイユのばら」「ガラスの仮面」

「ときめきトゥナイト」「バナナフィッシュ」「サイファ」

「あさきゆめみし」「はいからさんが通る」などなど……

懐かしいと同時に読みふけってしまいました(笑)

今読んでもやっぱりおもしろい♪

それを見つけた時、子供たちも大興奮。

大喜びでこの古いマンガ本に夢中になっています。

私を夢中にした物語達が今、時を超えて、

私の息子や娘をとりこにしているのを目の当たりにして、

なんだかとっても不思議な気持ち。

作風も古臭いし、絵も古臭い……

でも子供たちにはそれがっても斬新に感じるらしいのです。

今はこういうきちんとしたテーマにのっとった

物語性のあるマンガ本はないのだと子供達……。

TMS DVD COLLECTION ベルサイユのばら 2

若いころお嫁に行ってもし娘が生まれたら絶対に一緒に

「キャンディ・キャンディを読もう」

って誓っていた気持ち(苦笑)を思い出して

なんだかその自分の気持ちまで懐かしくいとおしく思えちゃって……

今おもうと、それこそ少女趣味的な気持ちだったなーって

こっぱずかしいです(//∇//(//∇//(//∇//)

でも、今のマンガやアニメにはないロマンや温かさが

昔のマンガにはあった気がします。

子供自体も、今の子供達より

ずっとずっと夢もロマンもあったんですよねぇ。

今の子供達は妙に覚めているというか

大人びているというか……ま、時代の流れなのでしょうけど(笑)

でも、そんな今風の子供たちの心をも掴んだ昔のマンガ達。

それは例え時代が変わっても

幼い子供の純粋さに響くメッセージが込められているのかもしれません。

ふと、

「マンガばっかり読んでいないで勉強しなさい」

っていう母の声まで鮮明に思い出してしまいました。

そーいわれたくなくて

小説もむさぼるように読んだりしたっけなぁ……

| | コメント (2) | トラックバック (0)