« 我が家に新しい家族 | トップページ | 息子の留学が決まりました! »

辛いです…

我が家で飼っているメスの

バーニーズマウンテンドッグ5歳が

先週末、突然動けなくなり、

あわてて病院に連れて行ったところ、

悪性組織球症」という、大型犬特有…

その大型犬の中でもバーニーズの5匹に1匹は

発症すると言われている遺伝的疾患である病に

侵されていたことが判明しました。

これはまだ薬も治療法も見つかっていない

必ず死に至るという恐ろしい病気で、

内臓などが腫瘍に侵され、

気がついたときには手の施しようがないのだそうです。

恥ずかしながらこのような病を私は知りませんでした。

バーニーズの5匹に1匹なんて…

なんてすごい確率なのに…

そこまで人気犬種が乱繁殖されていたなんて…

バーニーズを手に入れたくて一生懸命だった6年前、

私はそんな大切な情報を見過ごしていたのです。

私のそんな無知さゆえ、

彼女をこんな苦しい病に陥れたのではないかと

本当に、本当に悔しくて情けなくて涙が止まりません。

今、愛犬シビルは起き上がることも

食事や水も取ることも自力では一切できず、

ただ黙って病室のゲージに横たわっています。

お見舞いに行くと嬉しそうに目を細め、

尻尾だけは力強くばたつかせ、甘えたようにのどを鳴らすだけ…

つい一週間前まで

あんなに元気に私にじゃれ付いてきたというのに…

いままもう、ただ黙って見つめることしか私にもできないのです。

彼女の最期の時を

せめて一緒にすごしてあげようと

週末にはうちにつれて帰る決心をしました。

最期の時は必ず、

私の胸に抱きとめたまま迎えさせてやりたいです。

45キロもあった体重は

30キロほどになってしまいました。

あんなに重たかった彼女が、

こんなに小さくなってしまうなんて…

病気とは本当に恐ろしいものです。

でもせめてもう少し…もう少しだけ生きて欲しい

そう思うのは人間の…飼い主のエゴなのでしょうか…。

|

« 我が家に新しい家族 | トップページ | 息子の留学が決まりました! »

ペット」カテゴリの記事

コメント

My mind is like a fog.
I don't care.
That's how it is.
black | vicodin
http://www.firebook.net/cgi-bin/host/firebook.cgi?account=618
http://www.firebook.net/cgi-bin/host/firebook.cgi?account=620

投稿: free viagra sample | 2007年2月12日 (月) 10時56分

悪性組織球症という病気はモアも初めて知りました・・
以前にも話しましたがモア家のラブも拡張型心筋症と闘ってます。
(ここ数ヶ月はかなり快調なのですが)
犬種特有の遺伝病、多すぎると思いません?

うちの子の病気が発覚してから、海外のサイトでも治療法についてかなり調べたのですが、日本とアメリカ・イギリスでは獣医学のレベルに差がありすぎて(ブリーディング規制も然り・・・)、かなりショックを受けたものです。。。

急激なペットブームで強引なブリーディングは多いわ、わんこは増えるのに獣医学のレベルは追いついてないわ。。で・・
自分の無知と無責任さにすっごく腹が立ちました・・・
だからyukaさんのお気持ちすごくわかります。
すごく辛いですよね・・・

できるだけ側にいてあげられるといいですね。。。
なんと書いていいのやら・・
今のyukaさんに何も元気づけるようなことは言えないのがもどかしいですが、yukaさんが以前モアに教えてくれたように、必ずわんこは愛情に応えてくれますから。。。

投稿: モア | 2007年2月14日 (水) 00時36分

モアさん、こんにちは!

うちの子が病気になったとき、真っ先にモアさんから以前もらったメールの内容を思い出していました。モアさんもわんこの病気で辛い思いをしてるんだ…私もがんばらなきゃって…。

>犬種特有の遺伝病、多すぎると思いません?

同感です。ホント、その通りですよね。
大型犬を飼おうって決めたとき、遺伝的疾患についてちゃんと調べたつもりでした。調べた上で、覚悟して家族に迎えたつもりでした。ホント…「つもり」だっただけなんですよね。情けないことに。
この病気は絶対に治らないし、痛みを和らげてあげることもできないそうなので、日々、本当にかわいそうで辛いです。みているのもつらいです。
でも、日に日に弱ってはいても、私の姿を目で追って嬉しそうに目を細める姿を見るとたまらなくいとおしくて、本当にこの子に出会えてよかった。幸せだって思えるんです。
そして、無責任なブリーディングを続ける日本のペット業界に怒りと憤りを覚えてしまうのです。
この子や病気に苦しむモアさんちのわんこを含むほかのわんこたちには何にも罪がないのにって。

>今のyukaさんに何も元気づけるようなことは言えないのがもどかしいですが、yukaさんが以前モアに教えてくれたように、必ずわんこは愛情に応えてくれますから。。。

とんでもない(◎-◎)
こうやってモアさんからメッセージもらってどんなに心強いかしれません。本当にありがとう(*^.^*)
寝たきりの大型犬をかかえて、時々くじけそうになるけど、私の愛情に必死にこたえようとするシビルをみていたら、私が弱音は吐いちゃいけないなって逆にシビルに助けられている気がします。
わんこの飼い主に寄せる深い信頼感にはホント、驚かされますよね。

モアさん、本当にありがとうございました。
お互い、わんこの病気には辛い思いをしてしまいますね。でも愛情をもってがんばりましょうね!

投稿: yuka | 2007年2月15日 (木) 11時52分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辛いです…:

« 我が家に新しい家族 | トップページ | 息子の留学が決まりました! »